蔵王町統合中学校設計プロポーザル



宮城県蔵王町の3つの既存中学校が統合されて、新しい中学校が誕生します。その施設を新設するにあたり公募型設計プロポーザルが行われ、『東北設計計画研究所・梶浦暁設計共同企業体』が設計候補者に選定されました。BSIはこの設計チームで構造分野を担当しています。


本チームは、蔵王の豊かな自然を感じさせる施設を提案しました。町産の木材を屋根や内装、ベンチ等にふんだんに用いる計画とし、中でも “蔵王屋根”と称した木造折版大屋根は蔵王連山と呼応する形態で、施工性にも配慮して流通材とくぎで面材を形成するNLT(Nail Laminated Timber)工法を提案しました。


本技術提案書は、蔵王町のウェブサイトで公開されていますので、そちらから提案内容の全貌をご覧いただけます。

(BSI担当/大原和之 髙橋修一 寺村大真)