東京学芸大学
教育インキュベーションセンター管理棟

建主・企画:住友林業株式会社
基本設計:
NUSSMÜLLER ARCHITEKTEN ZT GMBH(オーストリア)
実施設計・監理:株式会社梶浦暁建築設計事務所
所在地:東京都
用 途:大学
構 造:木造
写 真:齋部功[提供:住友林業株式会社]

東京都小金井市の東京学芸大学のキャンパスに、住友林業株式会社より寄贈された木造建築物『CLT combo』のプロトタイプ棟が建設され、学内施設として利用されています。『CLT combo(商標登録 6108573)』は国産スギCLT(Cross Laminated Timber / 直交集成板)を用いて、長さ6.8m、高さ2.8m、幅2.2mの箱状の構造体を施工現場でつなぎ合わせて作られる木造建築物で、移設・組み替え可能な自由度の高い建築物の実現を目指し、住友林業株式会社により開発が行われました。本施設はこの構造体を8つ組み合わせて建設された、2階建、延床面積136㎡の建物です。

 

BSIは実施設計を担当した梶浦暁建築設計事務所の依頼により、構造設計を担当しました。構造計算にはCLT告示のルート3を用い、CLT造の保有水平耐力を算出しました。